黒にんにくは、ニンニクを熟成してつくられた健康食品です。黒にんにくは日本で開発された健康食品で今、海外でも注目されています。注目されている理由は、ニンニクを熟成することによってできた黒にんにくが、本来のニンニクよりも更にパワーアップした健康食品だからです。

抗酸化作用』もその一つです。

黒にんにくとは?

黒にんにくの抗酸化作用にはどんな効果があるのか?

黒にんにくとは、白い生のニンニクを高温・高湿度の環境で3~4週間程度熟成させて仕上げたニンニクのことです。色が黒くなることから黒にんにくと呼ばれ、昔から親しまれている健康食品です。

国産ニンニクといえば青森県産が有名ですが、この青森県では無農薬の有機栽培のニンニクを使って黒にんにくを盛んに作っています。黒く熟成させた黒にんにくは、普通のニンニクに比べて『S-アリルシステイン』という成分が約4倍も多く含まれています。

S-アリルシステインという成分は老化を防ぎ、がんの予防やコレステロール値の低下、動脈硬化や心疾患予防など、健康によい効果が期待できるといわれています。

ニンニクはもともと抗酸化の高い食品ですが、熟成させた黒にんにくの方は、さらに抗酸化効果が高まっているようです。

黒にんにくの抗酸化作用とは?

私たちの身体は酸素を取り入れてエネルギーを生成しますが、その過程で一部の酸素が『活性酸素』に変化します。

この活性酸素はウイルスや細菌から身体を守る一方、体内で増え過ぎると血管や細胞を傷つけ、体の内側を酸化(いわゆるサビの状態)させ、動脈硬化などのような生活習慣病を引き起こしてしまいます。

活性酸素は必要だけれど、よけいにあれば身体にダメージをあたえるものです。そうならないように活性酸素を抑える働きが必要です。その働きを抗酸化作用といいます。

黒にんにくの抗酸化作用は生ニンニクの約10倍

黒にんにくの抗酸化作用にはどんな効果があるのか?3

抗酸化作用は、身体にいいと言われる食材や健康食品などには必ずといっていいほど謳い文句とされるものですが、中での黒にんにくは群を抜いています。それも抗酸化作用がもともと高いと言われる白いニンニクに比べても、その数値はなんと10倍も高いのです。

これは「埼玉医科大学短期大学教授 理学博士 和合治久氏』らが研究によって明らかにしたデータで抗がん効果にも期待できるという見解です。埼玉医科大学短期大学による黒にんにくの研究についてはこちら「抗酸化力は生の 10 倍! 超黒ニンニクは動脈硬化・高血糖を退治する血液浄化の傑作」をご覧ください。

活性酸素は紫外線を浴びたり、喫煙や飲酒でも発生します。また、睡眠不足やストレスでも発生します。人間にはもともと活性酸素の働きを抑制する抗酸化力がありますが、加齢や不規則な生活によって抗酸化力も低下するため、活性酸素に負けてしまうのです。

それを補うのに、黒にんにくは最適な食材です。

もしも、原因不明のだるさや倦怠感、頭痛や肩こりなどは酸化が原因とも考えられますので、黒にんにくを食べて改善していきましょう。
↓↓
黒にんにくが見たい方はコチラ

SPONSORED LINK