冷え症って大変ですよね。

気温が下がったり、冬場なると、冷え症がある人は毎日、辛い日々を送ると思います。手先、足先が冷えてしまい、最悪な場合、痛みだして動かすこともままなりません。そんな冷え症を改善するにはどうすればいいでしょうか。

実は、黒にんにくが冷え症改善に役立つことをご存知でしょうか。

今回は黒にんにくを摂取することで冷え症が改善されるというお話です。

そもそも女性に多い冷え症とは

冷え症とは、手足や腰が常に冷えた状態で、これを継続的に自覚することをいいます。冷え症になると肩こりや腰痛、不眠、手足のむくみ、肌荒れなど、様々な症状がでてきます。冷え症はとくに女性に多く、ひどい場合には指先の皮が裂けて痛くなるほどです。

冷え症の主な原因は血行不良です

血行不良は血液の循環が悪く、毛細血管まで血液が行きわたりにくい状態をそう呼びます。血行不良になると体温が低下し、手先や足先が冷えてきます。結果、冷え症になるというわけです。ですから、冷え症を根本的に改善するには、まず、血行を良くするための血行促進が必要です。

SPONSORED LINK

冷え症を改善する黒にんにくの「アホエン」とは

黒にんにくが冷え症に良いといわれています。
その理由は、黒にんにくに含まれている「アホエン」という成分です。

アホエンとは、ニンニクに含まれている成分「アリシン」が加熱されることで生成される成分です。ウィキペディアによると、アホエンには以下のような効能効果があると言われています。

アホエンはニンニク (Allium sativum) に含まれる成分に由来する化合物の一種である。名称と発音はスペイン語でニンニクを意味する “抗血栓剤(抗凝固剤)としての作用も持ち、血液中の血小板が血栓を起こすのを防ぐことにより、心臓病や脳梗塞の危険性を減らすとされる。
(引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9B%E3%82%A8%E3%83%B3)

もう少し解りやすく言うと、アホエンは血栓を取りのぞき、心臓病や脳梗塞などを予防することができるということです。血栓を取りのぞくということは血流が良くなりますし、血液の循環も良くなります。結果、手先や足先にも血液が行き届き、冷え症改善できるというわけです。

黒にんにく「アホエン」で冷え症改善!

黒にんにくの「アホエン」で血行促進し、冷え症を改善しよう!

ニンニクは数々の動物実験や臨床実験で血液の改善が認められてます。

アメリカのガン国立センターでは、ニンニクがガン予防に一番の食材としてあげられていましたが、その他にもコレステロール値の低下や動脈硬化予防、血行促進などにも効果的だとして知られています。

つまりニンニクは、血液の流れを改善してくれる食材ですので、冷え症改善にも効果的ということです。また、血行促進してくれる作用があるということは、肩凝りや手足の痺れにも効果的だということ。さらに、代謝もあがりますので、ニンニクは健康維持に最適な食材といえます。

そんなニンニクを熟成し、さらに良くしたのが「黒にんにく」です

黒にんにくは、白いニンニクを熟成することで、本来もっていたニンニク成分が数段パワーアップされ、より効果が高まった食材なのです。黒にんにくは薬ではなく、毎日常用しても問題ない食材なので、健康維持に最適です。

なお、黒にんにくについては以下の記事に詳しく書いていますのでご確認ください。
↓↓
冷え症改善に黒にんにく

ニンニクを食べたことがある方なら解ると思いますが、体温も上昇し、体がポカポカしてくると思います。で、代謝が良い人は汗も噴き出てくるでしょう。これが血行促進されている証拠ですし、冷え症の改善も期待できるということです。

黒にんにくを健康維持に、そして冷え症改善に役立てていませんか?

SPONSORED LINK