感染症による病気って辛いですよね。

ご飯は食べれないし、脱水状態になるし、体力も奪われてしまいます。とくに小さな子どもさんや高齢者などは、命に関わることもあるので注意が必要です。そんな感染症にたいしてどう予防していけばいいでしょうか。

それは、黒にんにくで免疫力を高めて、病気に対する抵抗力をつけておくことが大事です

黒ニンニクは免疫力を高める!

説明します。

感染症による病気は大抵、季節毎にやってきます。とくによくあるのが夏や冬に広がる風邪インフルエンザノロウイルスなどでしょう。これらはウイルスや細菌であるが故、目に見えない分、対処もしずらいものです。

一般的な対処法といえば、

「手を洗いましょう」

「口のうがいをしましょう」

「マスクをしましょう」

などではないでしょうか。

まぁ、外部からの細菌を体内にいれなければ感染症になることはないので、論理的に考えれば正しいかも知れませんが。しかし、これらは完全な対処とはいえません。これらを実行しても、うつる人はうつるわけですから。

例えば、インフルエンザがありますよね。インフルエンザは予防注射というもので対処しようというのが一般的ですが、例え予防接種していたとしてもインフルエンザにかかることはあります。

おわかりでしょうか。

風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどは完全に防ぐ事は難しいのです。その証拠に毎年、必ず、誰かがかかっていますよね。で、それが人から人にうつって広がっていくという感じ。つまり、どんなに感染症に気をつけていたとしても、かかる可能性は誰にもあるということです。

「風邪やインフルエンザ、ノロウイルスの対策はムダなのか・・・。」

いいえ、ムダではありません。やらないよりは対策をしていた方がいいわけです。しかし、もっとも大事なことは感染症にならないという対策よりも、風邪やインフルエンザ、ノロウイルスにかかったとしても軽い症状で済ませるということなのです。

その為には、普段から免疫力を高めておくことが大事だというわけです。

その一躍を買ってくれるのがなんと「黒ニンニク」。

黒にんにくには、毎日たべることで免疫細胞であるナチュラルキラー(NK)細胞を1,5倍も活性化させる働きがあることが解っています。このナチュラルキラー細胞は外部から体内に侵入してきた病原体に対し、攻撃をして退治する細胞で、風邪やインフルエンザ、ノロウイルスへの対策にもなりうるものです。

つまり、黒にんにくを日頃から食べておけば、免疫力がつき、風邪やインフルエンザ、ノロウイルスの予防をするだけではなく、例え感染したとしても抵抗力がついているので症状が軽く済む確率が高まるということです。

さらに、黒にんにくには抗菌作用もありますので、その他のちょっとしたウイルスや細菌にも強い。黒にんにくは、単に元気になる健康食品だけではなく、病気予防や病気対策にも良い食材というわけです。

是非、家族の健康や風邪、インフルエンザ、ノロウイルス予防対策に黒にんにくをはじめてください。

風邪やインフルエンザ、ノロウイルスに黒にんにく

黒にんにくはプルーンのようで食べやすい

黒にんにくは甘酸っぱくプローンのような味わいです。大人だけじゃなく子供でも美味しくいただけます。

黒にんにくは、ニンニクということで食べにくいイメージがあるかもしれませんが、実際は全然ちがいます。黒にんにくはプルーンのように甘酸っぱく、食べやすいです。食感も干し柿やフルーツのようで、グミが好きな方は絶対に好きに味ですね。

黒にんにくは、味に抵抗がないので、子供でも無理なく美味しく食べることができます。また、黒にんにくを料理に使うこともできますので、コソっと晩御飯に忍ばせることもできます。健康管理のため、また病気予防のために黒ニンニクをはじめてみませんか?

SPONSORED LINK