黒にんにくは、生の白いニンニクを発酵させ、熟成させたニンニクです。この黒にんにくには、体にいい成分がたくさん含まれています。

今回は黒にんにくの成分をまとめて紹介していきます。

黒にんにくの成分 S-アリルシステイン

黒にんにくには、S-アリルシステイン(水溶性含硫アミノ酸)が豊富に含まれています。

このS-アリルシステインという成分は、本来なら生の白いニンニクには、ほとんど含まれていない成分ですが、ニンニクを発酵し、熟成することによって、S-アリルシステインが生成されました。なんと、その含有量は白いニンニクに比べて16倍と高いです

成分名 黒にんにく ニンニク(白)
S-アリルシステイン 16mg 1mg

S-アリルシステインには様々な効能効果があるので、最近、日本国内だけじゃなく海外でも注目が集まっています。

→ S-アリルシステインの効能効果

S-アリルシステインの効能効果が、黒にんにくを人気にした理由のひとつでもあります。

黒にんにくのアミノ酸含有量

黒にんにくには、アミノ酸も豊富に含まれています。これは白いニンニクに比べても数倍高い含有量です。

以下、黒にんにくのアミノ酸含有量を表にしてまとめてみました。

アミノ酸 黒にんにく ニンニク(白)
アスパラギン酸 14.30mg 7.89mg
アルギニン 388.00mg 110.33mg
ロイシン 18.20mg 1.82mg
チロシン 6.38mg 1.72mg
イソロイシン 15.03mg 1.51mg
プロリン 57.20mg 8.22mg
アラニン 115.00mg 20.43mg
バリン 29.20mg 7.05mg
メチオニン  87mg 49mg
シスチン 160mg 72mg
フェニルアラニン 200mg 72mg
スレオニン 170mg 134mg
グルタミン酸 1200mg 691mg
グリシン 160mg 134mg
セリン 230mg 144mg

黒にんにくには、このようにたくさんのアミノ酸が含まれています。アミノ酸は健康をサポートする成分です。効率的にアミノ酸を摂取するには、黒にんにくは最適のようです。

SPONSORED LINK

黒にんにくのミネラル含有量

黒にんにくに含まれている成分の中にはミネラルもあります。

以下、黒にんにくに含まれているミネラルの含有量です。

ミネラル 黒にんにく ニンニク(白)
ナトリウム 36mg 9mg
カリウム 930mg 530mg
マグネシウム 52mg 25mg
カルシウム 13mg 14mg
2.1mg >0.8mg
亜鉛 1.4mg  0.7mg

まとめ

以上が、黒にんにくの成分まとめです。

黒にんにくには特有成分であるS-アリルシステインをはじめ、アミノ酸やミネラルが豊富に含まれていました。これらの成分は健康な体つくりには最適な成分であり、黒にんにくが健康食だということが伺えます。

なお、黒にんにくの効果・効能については「黒にんにくの効果とは?5つの効果や副作用、食べ方について」をご一読ください。

SPONSORED LINK