黒にんにくは、ニンニクを熟成した食べ物です。とはいえ、黒い色をしたニンニクを初めて見る方にとっては、食べることに少し躊躇してしまうかもしれません。

黒にんにくには、気になるニンニク臭はないものの、どうやって食べていいのかわからない方も多いようです。

そこで今回は、黒にんにくの食べ方について2つ紹介していきます。

黒にんにくの食べ方を2つ紹介

黒にんにくは、ニンニクが熟成しただけの食品です。ですから、副作用はありません。とはいえ、人によっては黒にんにくの量を食べ過ぎると胸焼けを起こす人もいるようです。なので、食べ方には気を配っていきましょう。

以下からは、黒にんにくの食べ方を2つ紹介していきます。

黒にんにくは料理に使える

黒にんにくは、そのまま食べることができますので、料理に使うことができます。

例えば、パスタ唐揚げ餃子など、普段のニンニクを使う料理には応用がきくようです。他にも、黒にんにくをすり潰してソースとして使う食べ方もあるようで、スパイス的なことから隠し味までなんでもいけますね。黒にんにくを料理として食べる方法は、バラエティーにとんでいると思います。

黒にんにくを毎日食べつづけるには、料理のスパイスや隠し味として使うのは、良い食べ方といえます。

SPONSORED LINK

黒にんにくを朝、食べる

黒にんにくが見た目的にも味も苦手でなければ、やはり、そのまま口にする方がいいですね。というのは、黒にんにくを料理に使うと、熱を通すため少なからず成分が損なわれてしまう恐れがあるからです。

つまり、黒にんにくの効果を最大限に保ちたいなら、そのまま食べる方が一番いい食べ方だといえます。

では、いつ黒にんにくを食べればいいのでしょうか。

お勧めは、朝、目が覚めた時がいいです。

理由は、起床時はお腹の中は空腹状態です。で、空腹の体は、栄養を欲しがっています。とくに、朝の食事は普段の食事よりも吸収率が高いと言われているので、朝に黒にんにくを食べるのは効果的だと言えるでしょう。

逆に、寝る前にサプリメントのように、黒にんにくを食べる人がいますが、あまりお勧めできません。なぜなら、人は寝ている時、内臓も活動を停止し、同じく寝ているわけです。ですから、寝る前に何かを口にすると、その食べたものが消化されず、胃の中で残ってしまうのです。

就寝前に食事をしたら、翌朝、胃がもたれて大変だったという経験、誰でもありますよね。これも、寝る前に食事をしたのが原因というわけです。

ちなみに、黒にんにくの場合は、一片だけを食べるので、少量だという風に思いがちですが。消化されない黒にんにくは吸収もされていないので、無駄な食べ方になるのがオチです。なので、黒にんにくの効果を体感したいなら、朝に食べるようにしましょう。

まとめ

私がお勧めする黒にんにくの食べ方は、そのまま食べることです。で、その時間帯も起床時が一番のお勧め。

しかし、黒にんにくの味や食感、また見た目が苦手という方はあえて無理をせず料理に使って食べるといいでしょう。いくら体にいいという食べ物でもストレスを感じながら食べるのは本末転倒ですからね。なので、ご自分に合わせて黒にんにくの食べ方を決めてください。

食べ方1:黒にんにくを料理に使う
食べ方2:黒にんにくを朝、そのまま食べる

今回は、以上です。

SPONSORED LINK