黒にんにくは専門店で手に入りますが、自宅で作ることも可能です。

黒にんにくを自宅で作る方法

しかし、自宅で黒にんにくを作る際、ちゃんと熟成されないで失敗している人も多いらしく、中には黒にんにくがベチャベチャになっているというケースがあるんだとか。

なぜ、そうなったかを知らない人もいると思いますので、ここでは、黒にんにくがベチャベチャになった原因を紹介していきます。

自宅で作る黒にんにくがベチャベチャになる原因

自宅で作る黒にんにくがベチャベチャになって、失敗する原因はこれです。

「炊飯器内で黒にんにくが水に浸っている」

その理由は2つあります

理由1:完全感想されたニンニクを使っていないから

黒にんにくを自宅で作る場合、乾燥されたニンニクを使うのがセオリーです。しかし、なかなか乾燥されたニンニクを手に入れることはできません。仕方なく生のニンニクを使う場合があると思いますが、生ニンニクには多少、水分が含まれているのです。結果、ニンニク内に含まれている水分のせいで、黒にんにくがベチャベチャになってしまうのです。

そうならない為にも、ニンニクは乾燥されたものを使うようにしましょう。

理由2:釜の中でスノコを使っていないから

黒にんにくがベチャベチャになる2つ目の理由に、炊飯器の釜の中でスノコを使っていないというのがあります。これは、ニンニクの熟成の際にできる水滴から、ニンニクを守る為に使うものです。生のニンニクには必ず、水分が含まれています。また、乾燥されたニンニクも完璧ではありません。ですので、黒にんにくを自宅でつくる場合は、調理用のスノコは絶対に用意して起きましょう。

ビュラリー(Bulary) ステンレス 蒸し器 フリーサイズ 折り畳み式 18~30cm用


なお、スノコに加えて、ニンニクを新聞紙で包んだり、または布などで包んでおくとより効果的です。新聞紙や布が余分な水滴を吸収してくれるので、黒にんにくのベチャベチャを防いでくれます。

黒にんにく作りで失敗しない為には、炊飯器内の水分調整が必須です。調理用スノコや布、新聞紙などをあらかじめ用意し、乾燥されたニンニクを使うようにしましょう。

さて、管理人である私は、もう自宅では黒にんにくを作りません。なぜなら、私が作るよりも、もっといい黒にんにくが通販で手に入るからです(笑)。

もちろん、自分で作った黒にんにくは、愛着というか満足感があるのも事実です。しかし、その満足感と良い黒にんにくを食べるというのはまた別の話です。私は、できるだけ良い黒にんにくを食べたいと思うので、今では黒にんにく専門店で買うようにしています。

なお、私が買っている黒にんにくはこれです。
↓↓
専門家がつくる黒にんにく

ここは、新鮮な黒にんにくを通販でお届けしてくれるので、到着までに少し時間がかかりますが。でも、業界内では品質がピカイチなので私は好んで使っています。

もし、自宅で黒にんにく作りに飽きたら、ぜひ、通販で手に入れてみてはいかがでしょうか。

SPONSORED LINK