岡崎屋の黒にんにく口コミを正直に書き綴ります。

毎度、お世話になっている岡崎屋の黒にんにく。

我が家では3ヶ月に1回は注文している次第です。もう、長年、お世話になっている岡崎屋の黒にんにくなのですが、そういえば、黒にんにくのレビューを書いていないことに今更ながら気づきました。

というわけで今回は、岡崎屋の黒にんにくについて口コミレビューを正直に書き綴っていこうと思います。

岡崎屋の黒にんにくを見た感想

黒にんにくの見た目。予想通りに黒いです。

まず、岡崎屋の黒にんにくの見た目ですが、予想通りの黒さです(笑)。

とはいえ、嫌な黒さというよりは、いい色をしている黒さですね。完璧に発酵されたというか、完全に熟成されたというか、品質の高いのがすぐに見てわかりました。

岡崎屋の黒にんにくを見て個人的に思うのは、よその黒にんにくに比べて上品な感じで、いい黒さとなっているということです。満遍なく黒いというか、漆黒の黒というか、そんな感じです。よその黒にんにくは、まばらな色をしていたり、薄い黒だったりと、完全に熟成されていないという感じがありますが、岡崎屋の黒にんにくは違いますね。本当にいい色をしています。

匂いは?

匂いはというと、若干のニンニク臭はするものの、クサイという匂いではなく、ニンニクを発酵させたらこんな匂いになるんだなーというような匂いです。

何とも文章だと伝わらないですが、まあ、臭くないのは事実ですね。

手触りは?

あと手触りですが、少し柔らかい。まるでグミのような、そしてプルーンのような、そんな柔らかさがあります。ですので、手で割るとサクッと簡単に割れますよ。

岡崎屋の黒にんにくは、とても食べやすい仕上がりになっていますね。

実際に岡崎屋の黒にんにくを食べてみる。その味は?

実際に黒にんにくを食べて見ました。その口コミです。

岡崎屋の黒にんにくを手に取り、サクッと割ってみました。そして、1片のニンニクをとり、皮を剥きました。いざ、口の中に黒にんにくを持っていき、そしてゆっくりと噛んで見ます。はじめは、前歯で。そして、舌の上を通しながら奥歯で噛んで見ました。

味の感想

味の感想を率直にいうと、岡崎屋の黒にんにくは、まるでプルーンのようです。人によっては、ドライフルーツのような味だという人もいますが、私はプルーンのように感じました。

苦さはなく、酸っぱさや辛さもありません。本当にプルーンのように食べやすくて、美味しくいただけます。

食感は?

黒にんにくの食感は、やっぱりプルーンのようです(笑)。

まあ、他の表現をしてみれば、グミのような感じもしますね。硬くもなく、柔らかすぎない感じで、嫌な感じは全くしません。仮にプルーンが苦手な人でも、黒にんにくなら無理なく食べられる、そんな感じがします。

食べた後のニンニク臭は?

黒にんにくを食べた後に気になるのが、口から出るニンニク臭です。

どのくらいの臭いがするかといえば…、全くしません。はい、岡崎屋の黒にんにくを食べても、お口からは全くニンニク臭がしないのです。これは個人的な感想というよりは、ちゃんと第三者にお口のニオイを嗅いでもらったので確かですね。

黒にんにくは体にいいけど、ニンニク臭が気になるって方は、食べても大丈夫だと思います。女性でも安心して食べられますよ。

SPONSORED LINK

黒にんにくの効き目は如何ほど?

私が黒にんにくを食べるようになってから結構な月日が経ちます。そもそもの始まりは、黒にんにくの効果効能に魅力を感じたからです。

つまり、黒にんにくに含まれている成分「S-アリルシステイン」の効果効能です。

→ S-アリルシステインの効果効能

今や、ふたりに一人がガンになる時代。私も40歳をすぎてきたので少しばかり健康を気にするようになりました。そこで、健康維持のために始めようと思ったのが、黒にんにくだったのです。

なぜ、黒にんにくなのか。

それは下手なサプリメントよりは、確かな効果が期待できるということ。つまり、ニンニクは昔から使われている食材であり、その効果はお墨付きなのです。また、紀元前のピラミッドの時代からも使われている食材ということで安心感もありました。長い歴史を持っている食材は、効果効能もすごいのですが、何よりも安全性が高いというわけです。

さらに、ニンニクはアメリカの国立ガン研究センターではガンのリスクを最大限に下げる食材として1位を誇っています。このことから私は、ガン予防のために黒にんにくを食べることにしました。

黒にんにくを食べた効果効能とは

黒にんにくを食べてすぐに実感したことは、何より疲れが取れたということです。とくにそれを感じるのが、朝の目覚める時です。寝起きがとても軽く、しかも、夕方まで疲れを感じなくなりました。長い間、仕事をしていても、今まで以上にパワフルになっている気がします。

また、ここ数年(かれこれ5年くらい)は、風邪も引いていませんし、インフルエンザにもかかっていません(インフルエンザの注射は10年間利用したことがない)。体調もよく、活気がある日々を送っているのです。

一応、健康管理としては黒にんにくだけじゃなく、食事管理や運動などもしているのですが、しかし、寝起きが軽くなったのはやはり黒にんにくのおかげでしょう。仕事が遅く、いくら疲れて帰ってきても黒にんにくを食べて寝れば、翌朝はスッキリと気分良く目覚めることができているのですから。

黒にんにくは私にとって、最適な健康食だと実感しました。

黒にんにくの効果と食べ方

元々はガン予防のために始めた黒にんにくですが、今となっては毎日を元気に過ごすための欠かせない健康食となっています。これが私の黒にんにくに感じた効果効能です。

まとめ

今回は、私の実体験を元にして書いた記事です。岡崎屋の黒にんにくを実際に食べてみて、そして実感したことを率直に書いてみましたが、いかがだったでしょうか。

長い文章でしたので、少しまとめてみますと。

岡崎屋の黒にんにくは、上品な熟成をされた黒にんにくで、食べやすく美味しいと感じました。そして、食べた後も嫌なニンニク臭は全然しないです。

さらに、黒にんにくを食べて続けていると、疲れが取れた実感があり、寝起きが軽くて気分良く目覚めることができました。元気の活力としては最適だと感じます。

以上が、岡崎屋の黒にんにくの口コミレビューです。実体験を元にしているので、個人的な見解はあるのですが、今回の記事が何かの参考になれば幸いです。
↓↓
岡崎屋の黒にんにくはコチラ

SPONSORED LINK