S-アリルシステイン

S-アリルシステインとは、イオウ原子を含む無臭の水溶性含硫アミノ酸です。ニンニクだけに含まれており、生ニンニクを切ったり、すりおろしたり、つぶしたり、または熟成した時に生成される物質です。

S-アリルシステインは大腸ガンを抑制するということで、一躍有名になりました。

名 称 :S-アリルシステイン
分子式 :C6H11NO2S
化学式名:S-アリル-L-システイン
英語別名:SAC

S-アリルシステインの化学式|S-アリルシステインの効能効果まとめ

黒にんにくは免疫力を高めることができるか?

4473PV

黒にんにく効能・効果
黒にんにくの効果

ニンニクは古来から風邪予防や活力源として食べられてきました。それは黒にんにくも然りです。黒にんにくの成分である「S-アリルシステイン」が免疫を活性化したということが研究によりわかりました。その為、黒にんにくを食べれば免疫力アップになると言われています。

黒にんにく効能

224785PV

黒にんにく効能サイトです。黒にんにくの効果や成分についてまとめております。

このサイトの目的は、黒にんにくの効能を分かりやすく伝えることです。 最近、なにかと話題の『黒にんにく』。 これって本当に、からだに良いのか疑問にある人も少なくありません。だって色がグロテスクですし、味はほんのり酸っぱさが […]

ページの先頭へ